唾液が減少する理由と生じる悪影響

唾液が減少する理由と生じる悪影響

日々の生活の中で、少しづつ変化をするため、自覚しづらいかもしれませんが、唾液が減少してしまうと、身体には様々な悪影響が生じてしまいます。
では唾液が減少する理由と、唾液が減少する事で生じる悪影響について紹介します。

 

まず唾液が減少する原因には、薬の服用や病気が関わっている可能性があります。
例えば花粉症の薬や精神科で処方される薬には、副作用として唾液が減少する効果も含まれていることがあるので注意が必要です。

 

また更年期障害の症状の1つとして、唾液の減少が挙げられます。
更年期障害は、健康な人であっても多かれ少なかれ症状が現れます。
他にも、シェーグレン症候群と呼ばれる自己免疫疾患は、自分の免疫細胞が唾液腺を攻撃して壊してしまうため、唾液が減少してしまいます。

 

 

 

ですが、唾液なんて減少しても、大した問題はないだろうと思っている人もいるかもしれません。
しかし唾液が減少すると、様々な悪影響が生じてしまいます。
唾液には口の中の雑菌を洗い流す働きがあります。
そのため唾液が減少してしまうと、雑菌が多く繁殖し、口臭の原因となってしまいます。
また雑菌とは、歯周病菌や虫歯菌も含まれます。
なので今までと同じように歯磨きをしていても、唾液の分泌量が減少すると、歯周病や虫歯にかかりやすくなってしまいます。

 

他にも唾液は口の中で潤滑剤として働き、固い歯から柔らかい舌や歯茎、頬を守っています。
しかし唾液が減少してしまう事で、滑りが悪くなり、口内炎が出来やすい状況になります。
口内環境だけでなく、唾液には糖を分解する酵素が含まれていたので、減少すると胃腸の負担が大きくなり、胃腸が悪くなってしまいます。

 

唾液にはウィルスを防御する成分が含まれているので、減少すると免疫機能が低下し風邪を引きやすくなります。
口内の変化を感じたら、歯科へ相談することが望ましいです。