ドライマウスが改善しない時は歯科医院へ

ドライマウスが改善しない時は歯科医院へ

ドライマウスとは、言葉通り口の中が乾いてしまう事です。
ドライマウスになる原因は、薬の服用や病気などが原因で、唾液の分泌量が減少してしまうためです。

 

ドライマウスになると、口の中がベタつく、食べにくい、しゃべりにくいと感じる事が増えるでしょう。
またそれだけではなく、唾液の分泌量が減少するという事は、唾液に含まれる殺菌力が抵抗するという事です。
口の中には様々な雑菌が存在しています。
これらの雑菌を唾液によって守っているので、唾液の分泌量が減少すると、虫歯や歯周病などにかかりリスクが高くなってしまいます。

 

そのため、ドライマウスを自覚したら、出来るだけ早く対策をしなければいけません。
ではどのような対策方法があるのでしょうか?
自分で出来る対策としては、寝ている時に少し湿らせたマスクをしたり、カフェインやアルコールを控えて下さい。
また水分は小まめに摂取して、ご飯はよく噛んで食べましょう。

 

また自分で対策を行っても、ドライマウスが改善しない場合は、歯科医院でドライマウスの治療を行っています。
歯科医院では、初めに問診を行い、ドライマウスの原因を特定します。
そして現在の口の中の健康状態をチェックした上で、唾液腺マッサージや口内に貼るシート、塗るジェリーなど、その人に適した治療法を提案します。

 

最近は、人工唾液や唾液分泌を促進する薬なども存在するので、歯科医院で治療を受ければ、ドライマウスは高確率で改善されます。
もしドライマウスで悩んでいるのなら一度相談してみて下さい。

 

ドライマウスは、虫歯や歯周病にもなりやすい状態なので、必ず定期検診を受け、早期発見・早期治療を目指しましょう。

 

お口のトラブルのことならにいむら歯科医院へ!