歯茎ケアでお口を健康に

歯茎ケアでお口を健康に

お口の健康を司るものといえば歯を第一に思い浮かべる人も多いかもしれません。
しかし実際は歯だけでなく歯茎も健康であることが、お口の衛生状態を保つための秘訣なのです。
今回は歯茎ケアの重要性やその方法について詳しく見ていきましょう。

 

歯茎は歯を支える土台の役割を果たしています。
いくら歯そのものが虫歯菌に侵されていなくても、歯茎がボロボロになってしまうと歯が抜け落ちることもあります。
その最たる例が歯周病です。

 

歯周病は歯と歯茎の間に歯周病菌が入り込み、そこで増殖を繰り返しながら歯茎を蝕む症状のことをいいます。
こうした歯茎の異常を防止するには、毎日の歯茎ケアが必須なのです。
歯茎ケアの基本は毎日のブラッシングです。

 

歯磨きの際には歯だけではなく、歯茎も優しくマッサージするような形でブラシを当てましょう。
硬めの毛質だと歯茎を傷つける恐れがあるので、力加減やブラシの硬さを調節してください。

 

歯と歯茎の間の部分は斜めにブラシを当てるようにすると、広範囲の細菌を取り除くことが出来ます。
タバコは歯茎が弱る原因の筆頭です。

 

歯茎の血行不良を招くだけでなく、有害物質が沈着することで見た目も黒ずんでしまいます。
歯茎ケアに力を入れたい人は、まずタバコの本数を減らすことから始めましょう。
歯科医院で歯茎ケアの施術を受けることも可能です。

 

薬品を塗布して歯茎の表皮を剥がすガムピーリングは、黒ずんだ歯茎をピンクに戻す効果が期待出来ます。
レーザーを歯茎にあてるという治療でも黒ずみ対策になるので、気になった方は歯科医院で相談してみましょう。

 

歯科予防が気になる人にオススメの歯医者。イースト21デンタルオフィスhttp://www.east21-dc.com/

関連ページ

歯ぎしり対策にマウスピースがオススメ
歯ぎしり対策にマウスピースがオススメ
ドライマウスが改善しない時は歯科医院へ
ドライマウスが改善しない時は歯科医院へ
唾液が減少する理由と生じる悪影響
唾液が減少する理由と生じる悪影響
なぜ日本では予防歯科が浸透しないのか?
なぜ日本では予防歯科が浸透しないのか?
訪問歯科とは
訪問歯科とは
義歯と保険
義歯と保険
歯科医院でのブラッシング指導
歯科医院でのブラッシング指導