インプラント矯正について

インプラント矯正について

インプラントとは、失った歯の代わりに人工歯を埋入する治療の事です。
そしてインプラントの技術が、矯正治療でも活用されているのがインプラント矯正です。

 

ただインプラントという言葉を聞くと、時間とお金がかかるというイメージを持っている人もいるかもしれません。
そのためただでさえ、矯正でお金もかかるろに、インプラント矯正なんてとんでもない。
そう思っているとしたら、インプラント矯正の事を誤解しています。

 

インプラント矯正とは、小さなインプラントを用いて、矯正治療を効率的に行う事です。
従来は矯正のために抜歯をしていたケースでも、小さなインプラントを用いる事で、抜歯をせずに矯正が行えます。
しかもインプラント矯正の方が、一般の矯正治療よりも、治療期間が短くなります。

 

またインプラント矯正を行う事で、従来の矯正器具よりも小さな装置ですむようになります。
そのため矯正器具をつける口の中の違和感や、虫歯のリスクも小さくなります。

 

このように矯正治療にメリットの多いインプラントですが、デメリットもいくつかあります。
それはインプラント矯正は、歯を矯正する期間だけ一時的に使用するものです。
そのため耐久性が備わっていないので、まだ矯正が完了していない段階で抜けてしまうケースがあります。
また強度も強い素材ではないため、折れてしまうケースもあります。
この場合は、再度入れ直したり、折れた部分を取り除く処置が必要です。

 

 

 

また矯正が完了すれば、インプラント矯正は必要なくなります。
そのため取り除く処置が必要です。
矯正治療の方法は1種類ではありません。
なのでメリットとデメリットをよく理解した上で、矯正治療の方法を選ぶといいでしょう。