ホワイトニング治療に向かない人

ホワイトニング治療に向かない人

ホワイトニング治療は誰でも受けられる治療法ではありません。
中にはホワイトニング治療が受けられない方、向かない方もいます。
もしもホワイトニング治療を受けようと考えているのなら自分が受けるのに適しているかどうかを知ることが重要になります。
ホワイトニングに向かない方はどんな方かというと、
例えば人工の歯や差し歯には効果がありません。
また自分の歯でも虫歯がかなり進行してしまって、
神経治療を受けている方もホワイトニング治療に適さないのです。
ホワイトニング治療は神経の通っている自分の歯に有効な治療法ですから、
それ以外の歯には残念ながら効果がないのです。
神経の通っていない歯をホワイトニング治療することは絶対不可能ではありませんが、
他の歯と色を合せるのが難しいのです。
ただし神経の通っている自分の歯でもホワイトニング治療では白くできない事例もあります。
歯が形成される前に抗生剤を服用したことが原因で歯が変色してしまうことがあるのですが、
変色が強い歯にはホワイトニング効果が出にくくなり、
期待するような歯の白さを実現することが難しいのです。
また現在知覚過敏や虫歯、歯周病などの歯や歯茎のトラブルを抱えている方は、

ホワイトニング治療を受けるに伴って強い痛みを伴うことがありますので、
それらの治療が全て終わってからホワイトニング治療を受けることになります。
何かしらの影響によって歯に亀裂が入っている方もホワイトニング治療を受けるのに適していません。
亀裂が入っている状態でホワイトニング剤を塗ると亀裂箇所を刺激てしまうので、
歯が割れてしまう危険性が高くなるからです。

 

れおファミリー歯科