予防歯科と口腔ケア

予防歯科と口腔ケア記事一覧

歯ぎしりとは、本人が無意識で行っている行為なので、改善するのが難しいと言えます。しかし、歯ぎしりした状態が長期間続いてしまうと、歯や歯茎にダメージがかかり、歯がしみたり、痛みを感じる事があります。また強い力で噛みしめている状態なので、顎も疲れてしまいます。せっかく虫歯の治療をしても、セラミックの詰め物が割れてしまったり、インプラントの耐久性が短くなる可能性もあります。また歯だけの原因ではなく、歯ぎ...
ドライマウスとは、言葉通り口の中が乾いてしまう事です。ドライマウスになる原因は、薬の服用や病気などが原因で、唾液の分泌量が減少してしまうためです。ドライマウスになると、口の中がベタつく、食べにくい、しゃべりにくいと感じる事が増えるでしょう。またそれだけではなく、唾液の分泌量が減少するという事は、唾液に含まれる殺菌力が抵抗するという事です。口の中には様々な雑菌が存在しています。これらの雑菌を唾液によ...
日々の生活の中で、少しづつ変化をするため、自覚しづらいかもしれませんが、唾液が減少してしまうと、身体には様々な悪影響が生じてしまいます。では唾液が減少する理由と、唾液が減少する事で生じる悪影響について紹介します。まず唾液が減少する原因には、薬の服用や病気が関わっている可能性があります。例えば花粉症の薬や精神科で処方される薬には、副作用として唾液が減少する効果も含まれていることがあるので注意が必要で...
日本では、歯科医院に訪れるのは、歯に痛みや違和感を覚えた時だけです。歯の状態が何も悪くない時に、定期検診やクリーニング目的で歯科医院に訪れる人は他国と比べると極端に少ないのです。予防歯科先進国である、スウェーデン人の90%以上の人が定期検診を受けています。アメリカ人も80%以上です。対して日本人はというと、たった2%の人しか定期検診を受けていません。そしてこの結果、日本人は80歳になったときに健康...
歯科医院は町の至るところにありますが、皆さんはどれくらい頻繁に通っているでしょうか?歯科医院を利用するのは老若男女様々な世代です。お子さんから高齢者まで歯に関するお悩みは尽きませんし、お口ケアは健康寿命を延ばす対策の一つでもありますから、むしろ高齢者にとって身近であるべき病院ともいえるでしょう。今回は、そんな高齢者の方に知っていただきたい訪問歯科について詳しく見ていきましょう。訪問歯科とは、その名...
皆さんは歯に欠損が生まれた場合どのような義歯を嵌めようと考えているでしょうか?歯なんてそうそうなくなるものではないと思っている方は要注意です。いつ何時事故に巻き込まれるかわかりませんし、そのときに慌てて義歯について調べるよりも今から学んでおいた方がいざというとき焦らずに済みます。今回は、義歯と保険について詳しく見ていきましょう。保険適用とそうでない治療の違いは、治療に用いる技術や器具の質です。保険...
お口の健康を司るものといえば歯を第一に思い浮かべる人も多いかもしれません。しかし実際は歯だけでなく歯茎も健康であることが、お口の衛生状態を保つための秘訣なのです。今回は歯茎ケアの重要性やその方法について詳しく見ていきましょう。歯茎は歯を支える土台の役割を果たしています。いくら歯そのものが虫歯菌に侵されていなくても、歯茎がボロボロになってしまうと歯が抜け落ちることもあります。その最たる例が歯周病です...
予防歯科という概念が少しずつ広まりつつある昨今、歯磨きの重要性は大人だけでなく子供の歯の健康を守るにも欠かせないことだという認識を抱く人が増えてきました。歯科医院ではそんな流れを後押しするかのようにブラッシング指導を実施しています。今回は、歯科医院でのブラッシング指導について詳しく見ていきましょう。なぜ歯科医院でブラッシングを指導するのでしょうか?それは多くの方が自己流で歯磨きをしており、磨けてい...