なぜ日本では予防歯科が浸透しないのか?

なぜ日本では予防歯科が浸透しないのか?

日本では、歯科医院に訪れるのは、歯に痛みや違和感を覚えた時だけです。
歯の状態が何も悪くない時に、定期検診やクリーニング目的で歯科医院に訪れる人は他国と比べると極端に少ないのです。

 

予防歯科先進国である、スウェーデン人の90%以上の人が定期検診を受けています。
アメリカ人も80%以上です。対して日本人はというと、たった2%の人しか定期検診を受けていません。
そしてこの結果、日本人は80歳になったときに健康な歯が平均で6.8本しか残っていないというデータがあります。

 

ちなみにアメリカ人で15本、スウェーデン人で19本と比較にならないほど差が生じてしまっています。
高齢になって歯を失うという事は、食事が不便という事だけではありません。
歯を失う事で、消化器官の癌の発生率、脳梗塞や認知症になるリスクが高くなってしまいます。
健康で長生きするためには、歯は絶対に欠かす事が出来ないものだと言えるでしょう。

 

これだけ明確な差が出ているのにも関わらず、なぜ日本には予防歯科という考えが浸透しないのでしょうか?その理由は、国が予防歯科に力を入れていないためです。
スウェーデンでは、国をあげて予防歯科に取り組んでいます。
例えば、国民全員が定期検診を受けられるようにと、20歳未満の国民は無料です。
定期検診だけでなく、なんと矯正治療も無料で行います。
そうやって、小さい頃から、歯の健康について教えられて育つので、大人になっても予防歯科が生活習慣の一部になっているのです。

 

対して日本の医療保険では、歯の治療を行うと国民の負担は3割負担となります。
しかし予防歯科は、歯の治療に該当しないという理由で保険が適用されずに、全額自己負担となってしまうのです。
そのため行った方がいいと分かっていても、定期検診を行かない人の方が圧倒的に多いのが現状です。

 

本厚木歯科クリニック